ATELIER Silver-Hobby

趣味のおりがみの折り作品を発表しつつ本も吟味して、折り紙を楽しむ。
| TOP |クッキリ紙袋 >>
切頂8面体

布施知子作「正三角形の板、ジョイント材B:切頂8面体(勝手に組み合わせたもの)」
出典:ゆかいな多面体 折ってなるほど!


ラストページの多面体の図を見ると、
三角や四角の板を使って出来そうな物がある。
切頂12面体,切頂20面体.正12面体,20・12面体,斜方20・12面体
出来れば、出来そうな物は挑戦してたい物だ。
ジョイントが死ぬ程沢山必要そうだ。
だが、段々作り続けて行くうちに自分の中でも
システム化して来て、ジョイントは大きな紙でまず大量に作り
後で切り離して、両面テープで何時でも貼付けられる様に
下準備をするとかなり作業効率が良くなった。
三角の板も、これだけ大量に折ったのでかなり慣れて来た。
スピードは余り変わらないが、折り方が判らなくなって
本を確認する事も無くサクサクと折れる様にはなっているので
まあ少しは早くなった気はする。

しばらく、このユニットにはハマれそうなので楽しい。
結構フラットな出来上がりな所が私の好みなのかも知れない。
カメの子はどうしてもフジツボっぽくて折っていて気持ちが
悪くなるので相性が悪かったのだが、コッチは
折れば折る程止まらなくなって来た感がある。

私は好みが五月蝿い方なので
あまりすかすかした物や、魚介類や、虫、または裏地が見えるものが
嫌いなので、それ等の物は折らない。
なので、範囲が狭い中での折り紙なので
切った貼ったに関しては緩い方である。
裏地が見えるくらいならば、切り貼りも臆さない!

今後もこの好みに基づいて突き進んで行くつもりだ。

参考文献
ゆかいな多面体 折ってなるほど!
ゆかいな多面体 折ってなるほど!
折り紙(布施氏のユニット) | permalink | - | -

↑お勧めDVDレンタルATELIER Silverも使ってます