ATELIER Silver-Hobby

趣味のおりがみの折り作品を発表しつつ本も吟味して、折り紙を楽しむ。
クリスマスカラーの星
川村みゆき作:正20面体の星形


参考文献はじめての多面体おりがみ?考える頭をつくろう!:川村 みゆき著

Mrtn Directoryのnaru8090さんが折られている星が好みだったので、教えてもらい折った星。
クリスマスの飾り用に義妹に貰ってもらった。

ホログラムを最初に折ったのだが、これは結構折りにくく一折りする毎に糊付けしないと成らず
折っていて、あまり好きな折り工程ではないかも・・・と思ってしまったのだ。組むのもかなり穴が大きく開いてしまったし。まあ、出来は奇麗だし、厚みが有って頑丈だし結果的には満足であったが。
その後、エンボスホイルで折ったのだが、ホログラムの苦労が嘘の様に折りやすく、大変楽しいおりに成った。御陰で、ツイツイ(私はどうもこれが多い)緑も折りクリスマス感を高めてみた。この作品は紙によって相性がかなり違う作品な様だ。穴もあまり大きく成らず奇麗に組めたしコッチは楽しく折れた。
この作品を折る時は、是非ともホイル紙をお勧めする。

このシリーズは、この正20面体の星形が一番トンガリ感が強く星っぽいのでこれが一番気に入っている。他にも折りたい作品が色々載っている本だ。折りたい物が日増しに増えて行く今日この頃。
折り紙(星) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
ORIGAMI goodwill(オリガミ暖簾)
左:David Mitchell作「エレクトラ」
中:上から 川崎敏和作「桜玉」、David Mitchell作「エレクトラ」、布施知子作「こんぺいとう」、「ひし形22.5B」
右:布施知子作「ひし形22.5B」、「SilverStar」、布施知子作「こんぺいとう」


<参考文献>
Origami HeavenDavid Mitchell氏の公式サイト
折り紙夢WORLD
ユニット折り紙でつくるおしゃれな小物たち
布施 知子 (著)
おりがみユニット広場
布施 知子 (著)

不思議な立体の世界

布施 知子 (著)


長い事掛かってやっと出来た暖簾だ。
が、重みでSilverStarは変形するわ、他にも崩壊して行く物も有りだ。紙とは言えこれだけの物を吊るすとかなりの重みであり、紙の折り紙が支えるのには少々無理が有る様だ。
まあ、細かい事を気にしなければ気に入りの出来上がりである。
部屋に吊るして喜んでいる、ATELIER Silverであった。
折り紙(星) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
最近気に入っている折り星
布施知子「とんがり帽子」


中々しっかり出来上がる星である。写真の様に千代紙で折るとくす玉っぽい雰囲気にもなる。
基本的に星は立体的な物体として無地で作るのが好みだが、くす玉はくす玉で日本的な感じで作るのも好きである。この星は無地で折ると表情がかなり変わるので、気分によって折り分ける物良いかもしれない。

下に敷いたのは、土瓶しきという伝承の品。
前に作った鍋敷きが汚れて来たのと、家族の要望で大き過ぎ無い物をという事も有り、何個か作ったものの一つである。

今日は、サッカー日本代表が勝ったのを祝して変形サッカーボールを撮ったのだが、メモリーカードの調子が悪く読み込みに失敗したので会えなく断念した。
画像はないけどめでたい!W杯出場決定!おめでとうジーコジャパン!
にわかサッカーファンになった1週間であった。試合観戦も勝つと楽しい!
折り紙(星) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
SilverStar-1手描き折り図-補足


説明の足りなかった部分を補足として、別紙に付け加えた物である。


組み方のイラスト画像も追加してみる。
折り紙(星) | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
SilverStar仮完成


一応出来上がった。
ATELIER Silver考案?デザインってゆううのか兎に角、名付けて「SilverStar一号」

色々試行錯誤してみた物の、強度を上げると形が不格好に成るため、糊付けしないと崩れ易い不出来な星と成ってしまった。
自分で創作した折り紙なので著作権は私に有るという事で、自由に折り図が掲載出来るのでそっちも制作。
しかし、思いのほか作画が面倒で、取りあえず手書きで疲れ切ってしまったので、イラレ作業は気が乗ったらという事にしてしまった。


「SilverStar一号」 手書き折り図


三角の出っ張りの物を三枚でまず作り、そして三角の出っ張りを五個づつ組んで行き、最終的に星にしてゆくと出来上がりである。
組み方は、自在なので30枚組でなくても色々作れるだろう。
この糊付けは、細い両面テープでポケット出口付近に貼付けて行くと、わりと楽で出来上がりも奇麗に成るであろう。
☆もし興味が有る人が居たら折ってみて下さいまし。でもショボイのは覚悟下さいまし。☆


今後、改良型が出来る可能性も少しは有るだろう。ジョイントの形を変えた物に光明が見える気が微かにしている。

せっかくなので、この星も幾つか違う色で作ってみようと思い中。
折り紙(星) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
弱った
布施知子氏創作「ひし形22.5B」


仕事で暫く留守にしていた上に、腹具合が大変に悪く更新が滞った。
お腹には多少なりとも自信があったのだが、今回は弱ってしまった。グッタリだ。
少し調子が戻って来たのでまたボチボチ折り紙を始めたい物である。

上の星は、ダイ○ーで入手したホログラムのラッピングペーパーで折った物である。だが、流石安物、そのままではとても折り紙としては使いものにならず、裏に模造紙を貼って加工をした物でなんとか折り紙として使用に耐える物になったのである。
まだこのフィルム状の物は大分残っているが、作業が大変なので暫く寝かしておく事になるだろう。
体調が良く成ったら、色々なユニットが私を待っている。本が私を呼んでいる〜〜。

折り紙(星) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
帰り着くのはひし形22.5B
布施知子作「菱形22.5B」「レモン絞りユニット こんぺいとう」


中々自作の星が上手く行かないので、布施氏の星でリフレッシュである。
「レモン絞りユニット こんぺいとう」も作ってみたがやはり組み合わせが弱く、組んだ先からぽろぽろと壊れて行く。

参考文献
不思議な立体の世界
布施 知子
4405075530

折り紙(星) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
SilverStar計画始動!
SilverStar001
とうとう自分で崩れにくい星を考える事を思い立った。
中々、布施氏の「菱形22,5B」以上の丈夫な星が中々出来ないので、自分で作るしかなく成った訳で有る。「菱形22,5B」は真ん中に線が入る作りなので今一出来上がりがスマートでないのがたまに傷なのだ。
試行錯誤を繰り返した割に、代わり映えのしない見栄えだが、折り方がかなり違う。何故か大変単純なのである。
まだ試作品なので、もう少し推敲をしてから、星を一個作るつもりである。
出来上がったら、折り図を公開しようと思っているが、図を書くのが面倒なので先延ばしに成る可能性は大きい。
こう云う創作活動というのは、得てして、これで完成という見極めが難しい。なんだかまだ改良の余地がある様な気がして、踏ん切りが付かないのだ。仕事みたいで段々辛い感じに成って来る。まあ、締め切りも無い趣味な事なのでのんびり出来るのだが・・・。

完璧な物には程遠いが、自分の要望を成るべく満たす物を目指したい所である。
折り紙(星) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
星作りつつ
布施知子氏創作「ひし形22.5B」「金平糖」

体調不良により此処の所更新が滞りがちだったが、大分復活した。
折り紙的にはあまり代わり映えのしない感じで、星を折り続けている。ただ、今回今までと少し形の違う「金平糖」(左の銀の星)にも挑戦した。これは、正方形の紙で折る物では無いので、紙を切る段階で考えないと紙が用意出来ず中々作れなかった作品である。
今回、「金平糖」で使ったのは、100円ショップのラッピングペーパーを切り分けた物である。前に臭くて失敗したので冒険だったが、銀のエンボスの紙だったのでついつい手に取ってしまった。今回の紙はかなりしっかりとしていて良い紙であった。これなら、一枚折りの箱にしても大丈夫そうである。
後はのれん作りの為にこつこつと折っている星が幾つか。自分で着色して作ってカットした紙で作った。中々折り易い(星を折るのには)紙で組み合わせもし易すかった。

100円ショップではラメ入のりという物にも惹かれてみた。アクリル絵の具での失敗を元に黒い紙に塗って現在乾かし中である。今度は奇麗にラメが出た模様である。アクリル絵の具よりも割安なのが良いが、まだ折っていないので折り紙としてはどうかは疑問であるが・・・。

参考文献
ユニット折り紙でつくるおしゃれな小物たち
立体をつくろう-ユニットおりがみ布施 知子
折り紙(星) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
三つ星
布施知子氏創作「ひし形22.5B」


私の加工した紙で制作した作品群である。
金銀の物は、曇りガラススプレーという物を吹き付けてマットなフォイル紙を作り、それを裁断してこの作品を作った。この加工により紙は厚みが少し増し、強度が上がった様だが、乾いた後折るとコーティング部分がポロポロはげ落ちて来てしまうという、折り紙としての使用には耐えうるものでは無かった。マットの風合いは大変気に入ったので残念だ。このスプレーを使うなら、折り上げてから作品の表面部分に吹き付けた方が、出来上がりが美しいだろう。今後このスプレーは使う事は私は無いだろうが、別の紙用のマットフィキサチーフで実験をする予定は有る。次回は成功する事を望むが、しかし、フォイル系は表面がツルツルしている性質上、また今度の様な状況になる可能性も否めない。乞うご期待という所である>自分的にも。
上の星は前回アップしたものである。
これは単純に、薄手の上質紙にアクリル絵の具で塗っただけの物である。こちらの方が、折り紙としては安定していた。が、絵の具の消費量が大変多いのが難点である。ちゃんと下地を塗ってから色づけした方が消費を抑えつつ、奇麗に塗れたかもしれない。今後、その点を気をつけつつ再度挑戦する予定である。

仕事より帰宅により、本日からまた更新再開。

参考文献
立体をつくろう-ユニットおりがみ布施 知子
折り紙(星) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

↑お勧めDVDレンタルATELIER Silverも使ってます