ATELIER Silver-Hobby

趣味のおりがみの折り作品を発表しつつ本も吟味して、折り紙を楽しむ。
折り紙コレクション

折り紙コレクション 全4巻セット
布施 知子 4480889698

「らせんを折ろう」を含むこのセットを入手。
やっと我が手元に「らせんを折ろう」が手に入ったのである。もう余り手に入らないので諦めていたが、このセットならばまだ手に入れる事が出来るのである。この中の、「一枚折りの箱」という本は実はもう持っているのだが、しかし、思い切って清水の舞台から飛び降りてみた訳である。セットの他の本の「デコレーションBOX」「鶴と扇」も中々面白い作品が載っていて折りたいものが沢山載っているので良かった。実は正月用に作った扇が自分で結構気に入り、扇好きだという事に気付いたのだ。「一枚折りの箱」も他の布施氏の作品とは違ったテイストの箱が載っており、楽しい作品が載っているほんでこれも気に入りの一冊だ。

他の二冊も、このセットで入手すると決めた時点で他で見かけても手に入れる事が無くこの日まで我慢していた。古本ではなく新品で手に入ったし、ボッタクリでもないし良い入手法だと思う。私が手に入れた後もまだ案内が出ていた所を見ると、まだこのセットは残っている模様だ。多分定価で入手出来る新本はこれだけであろう。
現在入手困難で絶版の「らせんを折ろう」を手に入れるチャンスだろうと私は思う。オークションも手に入る可能性も難しいし、値段をつり上がってしまう事も多いので中々難しい物が有る。著作権も作者に入らないのにボッタクリの品を買うのにも納得がいかないし。まあ、定価を下回るのならばちょっと心はグラツくが・・・。復刊されたとしても、多分このセット位の値段はしてしまうだろうとおもうし、まあ自分の選択は間違っていないのだと思いたい部分もあるが。

早速手に入った嬉しさで色々折ってみた。個別の詳細は後日アップ予定。

(左から「両面ぐるぐる」「風化した貝」×2「らせんBOX2」「らせんBOX2の本体」
作者 布施知子/ 出典 らせんを折ろう
折り紙(文献1) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
Canon IXY DIGITAL 60

とうとう私の所にやって来たCanon IXY DIGITAL 60。
もう一つスペックが上の700番も候補にしていたのだが、金銭的な事と大きさでこちらを選択するに至った。中々コンパクトだが、液晶がかなり大きいので手ぶれ写真もすぐ解り便利だ。構図も決めやすいし。今までのカメラの倍位の面積が有る感じだ。
昔のカメラに比べて格段に起動やシャッターが早いのも嬉しい所だ。
今のデジカメは進歩したのだと実感するマシンだ。


David Mitchell作「エレクトラ60」(Origami Heaven

パッケージを開けてすぐ、とっさに近くに有った箱入りエレクトラを撮ったもの。大変奇麗に撮れていて満足だ。機械に助けられて腕が上がったかの様な気にさえ成って来る。
満足満足。付属の取り込みソフトも問題なく動いてくれたので今の所はこれのお世話になるつもりだ。液晶が大きいので、フォトショップで見た時とのギャップが少ないので、この手の取り込みソフトは必要無い気もしなくも無いが、まあ楽だし、ケーブル繋ぐと動き出すのでツイツイ使っている。
色々設定も変えられる様だが、カメラ任せの方が良い写真撮ってくれる気がする。少しづつ設定関係も慣れて行きたいものだ。
折り紙(文献1) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
紙とか、本とか
色々ネットでアンケートとかして図書券を手に入れたので、本屋を物色してみた。
結構新しめのや、知らないのが出ていて選択に迷った。ただし、目当ての本は見つからなかったのが残念だ。鈴木恵美子氏と山梨明子氏の本が目当てだったのだが・・・。次回アマゾンで注文する時ゲットしたいものだ。これらの本は都心に行っても無かったので、入手が困難である。
手に入らないとなると増々欲しさに加速がつく。

ゆかいな多面体?折ってなるほど!布施知子著
4529041573
あさざさんの所で紹介されていて気になっていた本である。早速、正方形の板と言う物を折ってみた。結構丈夫な四角い箱状の物が出来た。この板シリーズ気に入ったので、オリガミストのアメリカンホイルで多面体を作ろうと心に決めた!フジツボっぽい「かめのこ」のはちょっと苦手な形で折ることは無いかな〜、と思っていたら、裏返した凹型立体はとっても気に入ったのでこれも何時か折ろう!「ひし形ユニット」も気になる作品だ。
星好き心をくすぐる一冊だ。

四季の花の折り紙?立体的な創作折り紙井上 文雄 著
4834723267
本当は、別の花の本が欲しいのだが絶版で入手不可能なので、ひゐ⊃(≠ち ∧o→/ヽo→勹ラフ├というサイトで折られているのと似た菊の載っている本を入手してみた。立体的な感じで、花の形も良いので色々有った中からこの本を選んだ。他にも色々気になる花が有るので慣れたら色々折ってみようと思う。


ちょっと面白い色合いだったので手に入れてみたおりがみ達。
両面おりがみは上と下で裏表の色と成る様に配置してみた。まあ、解りにくいが、他の両メインおりがみと違って色合いがシックでチョット惹かれる物があった。
他に、中々見つからない鈴木恵美子氏の載っている著書探しは諦めて、折り図の載っている「カラフルメッシュ」(トーヨー製)を入手した。大きいのにはバラも載っていたのでこれも折り図代金と思い入手。
他に、妙に珍しい柄がはいっていたので「ままごとおりがみ」(ショウワグリム製)というセットも入手柄が細かくてとても良いのだが、お札やら厚紙のお店やらも付いて来て商品としては微妙である。柄おりがみだけのセットとして出してもらいたい物だ。
「ダブルカラーフローラ ミニおりがみ」(ショウワグリム製)もちょっと夢々しすぎる物の、柄が細かくまあまあ奇麗なのと、裏面も色の付いている両面おりがみなので何かに使えるかも知れないと思い入手。まあ、柄物はホイルと組み合わせたりしたら面白いかも知れない。
今後色々組み合わせて使って行こうと思う。
折り紙(文献1) | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
折り紙スパイラル
布施知子作 巻貝風スパラル


折り紙スパイラル布施 知子 (著)
4480872620

何と古本だがこの入手困難な本を一冊手に入れる事が出来た!ラッキー!
オークションではかなりの高値で入札され続けて手に入れる事が困難を極めていたが、余りにも法外な値段で手に入れるのは、バカバカし過ぎるので見送り続けていた一冊である。
実際今回も定価を少し上回ったという、ボッタクリ品であるが、この値段でも入手しておかないと今度何時出るか解らないので仕方なくポチッとしてしまった訳だ。
実際、本が来てみたら思った以上に美品だったので少し安心した。
この手の本は「美品」と申告されていても、古本故結構シミや汚れが目立つものも多いので、奇麗な本が届くと本当に嬉しい。まあ、全く汚れがなかった訳ではないが・・・。煙草の匂いの付いた本は最悪である、作業中に気分が悪く成る事至極である。

早速「巻貝風スパラル」を折ってみたが、簡単だと高をくくっていたら結構理解に時間を要してしまい、練習三回でやっと折る事が出来た。これは、結構厚みが出てしまうので薄い紙でないと辛い物が有る。タント紙で折ってみたかったがモコモコになってしまいそうなので諦め、100円エンボスで折ってみた。この手の、平面折り紙は実用目的以外あまり好んで折らない私なのだが、この「巻貝風スパラル」に関しては形が好みなので折りたくなった。
他に、表紙になっている正四面体の中に入っている、多分切り込みの入ったギザギザの波の様な物も惹かれていたのだが、作図が難しいとの事で折り方が載っておらず残念である。何とか解明しようと写真を見て作ってみた物の、微妙に違うものしか折れず失敗してしまった。この、正四面体の中に入れてある飾りは著者も言っている様に、折り紙的な方法での回答が見つからない様で、切り込みが入っていたり複雑な形の作品である。その複雑な形の陰影が美しい造詣を生み出していると思うので、布施氏には是非図解&作り方の乗った新刊の螺旋本の出版を望む所で有る。この本以外にも「らせんを折ろう」という本も入手困難なのが、辛い所である。今後「らせんを折ろう」は手にする望みは少ないので、この本の中に有る「らせんを折ろう」を参考にという作品は折るのが困難である。今回折った「巻貝スパイラル」もそれであり、苦労したので。

基本的にこの本は、展開図のみの作品も多くかなり上級者向けという印象を受けた。折り図の付いている作品も乗っているので、それを参考にしながら必死で折るというのが、私の今の折りの状況である。あまりにも事細かに説明が無い所が、折り紙上級者達の心をくすぐるのであろうと、人気本である所以を理解した。
折り紙(文献1) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
新・おりがみ本入手
ずっと気になっていた本をとうとう二冊入手!

4480872035一枚折りの箱
布施 知子

筑摩書房 1992-02
売り上げランキング : 30,992

Amazonで詳しく見る


蓋付きで一枚で折れるというのが興味深くずっと探していた一冊。だが店頭では見つからずとうとうアマゾンで注文して入手した物である。この本は、在庫分が無くなったら増刷の予定も無さ気なので、絶版の可能性が高そうである。残りがまだ有る今が入手する最後のチャンスだったかもしれない。
ともあれ、ラッピングぺーぺーが有るので早速何か作ってみようと思う。

おりがみ新発見 (2)
笠原 邦彦
4817080868


目新しいユニットが色々載っているので気になっていた一冊である。副題が「キューブの世界」という事で、四角系の作品が多い。ローズキューブに似た花の作品も有り、からくりの有る作品が多い様だ。からくり系では、デングリと言う花状の物をひっくり返す物も楽しく、子供受けしそうである。野菜と称した作品達は暖簾に良さそうな感じの物で、応用が利きそうでこれも面白い。
この本も色々楽しめそうで、また暫く色々制作に勤しむ日々が続く模様だ。デジカメの調子を見つつ順次アップして行きたいと思う。

折り紙(文献1) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
折り紙の参考文献ーまとめレビュー2
ブックレビューリンク集
<参考文献>折り紙の参考文献ーまとめレビュー1

<参考文献>布施知子本ーユニット&くす玉関連-1
<参考文献>布施知子本ーユニット-2

<参考文献>布施知子本ー箱関連-1
<参考文献>布施知子本ー箱関連-2

折りバラ参考文献-1
折りバラ参考文献-2


追加された文献達


4140310588


ユニット折り紙でつくるおしゃれな小物たち
布施 知子著
4416301030 おりがみユニット広場
布施 知子著
4480871152箱の百面相
布施 知子著
4405075530



不思議な立体の世界
布施 知子著
4627016719バラと折り紙と数学と
川崎 敏和著
森北出版 1998-08
4529035476はじめての多面体おりがみ 考える頭をつくろう!
川村 みゆき著
関連文献
多面体の折紙 正多面体・準正多面体およびその双対 立体をつくろう ユニットおりがみ すごいぞ折り紙 折り紙の発想で幾何を楽しむ A Plethora of Polyhedra in Origami (Origami) 箱をつくろう ユニットおりがみ
まだまだ面白そうな文献が沢山で心が惹かれている。
4535784094すごいぞ折り紙 折り紙の発想で幾何を楽しむ
阿部 恒著

折り紙(文献1) | permalink | comments(3) | trackbacks(1)
折り紙のくす玉&箱作り参考文献 ブックレビュー-1
ブックレビューリンク集
<参考文献>折り紙の参考文献ーまとめレビュー1
<参考文献>折り紙の参考文献ーまとめレビュ-2
ーユニット関連ー
<参考文献>布施知子本ーユニット&くす玉関連-1
凸凹ボックス参考文献ー一枚折り多角形箱&ユニット
<参考文献>ユニット-2
ー箱関連ー
<参考文献>布施知子本ー箱関連-1
<参考文献>布施知子本ー箱関連-2
ー折りバラ関連本ー
折りバラ参考文献-1
折りバラ参考文献-2
薔薇の折り方の本が来た
ー初期によく使った本ー
初期参考文献(易しい訳ではない)
ー関連記事ー
折り紙制作で良かった本の追加と欲しい本

ネット上で公開されている折り図には、著作権の関係もあり、大人の折り紙を趣味とする人間には、満足いく物が中々見つからない現状がある。
そこで、折り図と作り方の出ている本が必要に成る訳だが、これも「ザ・子供向け!」という本が殆どだ。特に街の本屋の店頭で見つける事が出来るのはそれらの物が中心である。大体、児童書のコーナーに並んでいる事が多々有るので、その点は仕方がない。
その所為で大人向けの折り紙の本が無い(又は少ない)と、折り始めの頃は思い込んでいた。が、実は現状は全く違っていた。
ネットで調べたら、思いのほか大人向け折り紙本が沢山あり驚いた。それらは店頭に並ぶ事が少なく、ネット上で注文するしか無い物も多い。
そこで、管理人の手元に有る分だけでも内容の説明をしておく事にした。記録として、またここを訪れて頂いた方々の参考に少しでもなれば幸いである。
************************************************************************
続きを読む >>
折り紙(文献1) | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
折りバラ参考文献-2
4627016719バラと折り紙と数学と川崎 敏和森北出版 1998-08

文系の私には関係のないと敬遠していた本である。だが、恐怖の数学のコーナーは第三部にあるだけだったので、ほぼ折り紙の折り方中心の本であったので安心した。
折り図の掲載量も多く、折り紙部分だけでもしっかりとしたボリュームがあり満足の一冊だ。
モチロン、数学と聞くと恐怖を感じる私は数学部分はぱらぱらとめくった程度であるが、創作するとき等には参考になりそうな感じであった。

この本の中で気になったのは、「小さい木」「菊」「ねじり組」だ。色々な自分内折り紙プロジェクトが済んだら、着手したい作品達である。他にも、家のユニット等、色々な楽しい作品が一杯で、薔薇だけを目当てに入手したのだが、意外に他の作品で楽しめた。

もちろん、「薔薇」も載っている。
「折り紙夢ワールド 花と動物編」と同じ「薔薇」と「つぼみの薔薇」、「葉」も折れる。この本は「つぼみの薔薇」の為に入手したと行っても良い。折り方が知りたくてウズウズしてしまったのだ。

本屋の「数学」コーナーで見つけたのだが、数学コーナーに折り紙本が結構並んでいて驚いた。しかしどうして折り紙の本は、分散しておかれているのだろう、全部チェックしなくては成らないので探しにくい事この上ない。
「折り紙夢ワールド 花と動物編」のレビューはこちらです
折りバラ参考文献-1
折り紙(文献1) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
<参考文献>ユニット折り紙-2
不思議な立体の世界
布施 知子著
古本屋で偶然見つけた本。絶版なのか入手不可能で、さらに画像も無かったので良く知らない本だった。ユニット本を探していた時だったので、早速手に取って本を捲ってみると作りたい作品が多く載っていたのでゲットしてみた。
実際最近入手した本の中でも一番出番の多い本である。布施氏の作品だけでなく、外国の折り紙作家の作品も何個か載っていて大変に楽しい一冊。実際良い出会いをした、と感じられる一冊であった。
<折れる作品>
伝承ユニット-「しゅりけん」「どびんしき」「二そう舟の十字星,星,星のかがやき,おむすび」「連さんぼう」「タワーかぶと」「
海外作家のユニット-パオロ・バセッタ作「バセッタさんの星」「ヨットの星1,2」「16光の星」デビット・ミッチェル「キュービックスター」「ジェミニ」「エレクトラ」
布施氏のユニット-「三角かざり」「あやおり 立方体&球状体」「穴あき立方体」「スクィーズ・ボール(レモンしぼりユニット) こんぺいとう」「ギザギザユニット」「とんがり帽子」「立方体コレクション1,2,3,4」「カプセルユニット」

4416301030
おりがみユニット広場布施 知子著

平面的なユニットが多く載っている本である。今の所あまり平面的なユニットのブームが来ていないのでそれ等はまだ、全く折っていない。
私の興味を引く立体もいくつか載っていたので手に取る事に成った。これも上の本同様色々な折り紙作家のユニット作品が載っているバラエティにとんだ本である。
この本の中で気になった作品は、シルバーナ・ベッティ・マミーノ作「シルバーナさんの星」とフランシス・オウ作「135度のユニット」である。付箋を貼って、準備万端で、後は折るだけである。永田紀子作「アステカ宮殿」や「ねじれ重箱」も面白い作品で目を引かれる。
将来平面作品に着手する日が来たらば、メッテ・ペダーソン作「リング 1,2,4,6」「七角のリング」は外せない作品に成る事であろう。
<折れる作品>
パオロ・バセッタ作「ヨットの星1,2」「16光の星」「バセッタユニット」伝承「つの香ばこ」永田紀子作「アステカ宮殿」「正八角形リング」「多重リング」「サークルツリー」「どこでもボックス 基本,ねじれ、ねじれの重箱、市松のお重」「鶴のトッピングボックス」「黄金矩形からの立方体 A,B,C,D,E」「黄金比ユニットによるモビール」布施知子作「基本四角箱」「四角箱小」橘高美保子作「美保子のケーキボックス 1,2」メッテ・ペダーソン作「リング 1,2,4,6」「七角のリング」久我香子「うさぎのロンド」「さつき」シルバーナ・ベッティ・マミーノ作「シルバーナさんの星」ハイデ・メイヤー作「カメラキューブ」フランシス・オウ作「さかなのコースター」「135度のユニット」

4529035476はじめての多面体おりがみ?考える頭をつくろう!川村 みゆき多面体の折紙?正多面体・準正多面体およびその双対 立体をつくろう?ユニットおりがみ すごいぞ折り紙?折り紙の発想で幾何を楽しむ A Plethora of Polyhedra in Origami (Origami) 箱をつくろう?ユニットおりがみ by G-Tools

これはポワールさんのブログで色々折られている、多面体の折り方が載っている本。
多面体のスッキリとした形が、とてもスタイリッシュで好みなのと、折り図が数多く載っているのが決め手と成り手にする事になった。
なかでも一番に目を付けていたのは「星形」であった。私の追い求める、フラットな星が載っていたので折ってみた。が、くんで見ると合わさり部分が弱く、やはりポロポロ崩壊してしまう。ちょっとガックリして他は全く折っていない。今、改めて折り図を見てみたら、少し工夫して改造すれば解決するかもしれないと思い始めた。此処数日の星創りで少しは利口に成った様だ。
多面体の「スケルトン」「キット」は順次折ってみたい作品である。
<折れる作品>
「タイル(3〜8角形)」「レンガブロック」「直角コーナ 1,2」「角柱、反角柱、角錐、(3〜6角)」「正多面体(立方体、正四面体、正12面体、正20面体、正八面体)」「紙風船」「正多面体のスケルトン(立方体,4,8,12,20面体)」「正多面体のフレーム(4,8面体)」「多面体キット(立方体,4,8,12,20面体)」「星形のユニット(立方体,4,8,12,20面体)」「水車 1,2」「風車」「タイル(正方形、長方形、三角形、八角形、六角形、菱形)」


4535784094
すごいぞ折り紙?折り紙の発想で幾何を楽しむ阿部 恒著

星が載っていたので手にした一冊。色んな立方体が入れ子に出来る面白い発想の本である。
この本の作品を作っている「きままな写真雑記」というブログの* 折り紙で幾何学な形を折ってみるという記事にトラックパックして貰ったようだ。折り紙の輪がこうして広がるのは楽しい事である。
<折れる作品>
「星形のお皿」「多面体(,4,8,,12,20面体)」「正八面体のスケルトン」「コンペイトウ」「立方体」「正二十面体のスケルトン」
折り紙(文献1) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
布施知子本ー箱関連-2
ユニット折り紙でつくるおしゃれな小物たち布施 知子4140310588
「がくぶち四角箱-長方形」と「こんぺいとう」に惹かれてこの本をオークションで競り落とした。この本は箱だけでなく、ユニットの作品も多く載っているが、やはり長方形の箱が折れる布施氏の本はのこれだけであるので、箱系の中で紹介する事にした。
「変形サッカーボール」も凸凹感が好みの作品で、手にしてすぐに折った。
<折れる作品>
「自在簡単箱」「三角箱基本形」「組み合わせ 四角箱、六角箱」「がくぶちシリーズ(四角箱 1,2,3 長方形 六角箱」「キラ星」「花つなぎ(4,8弁の花、十字星)」「変形サッカーボール」「変形ユニット」「こんぺいとう」

箱の百面相布施 知子4480871152

絶版で入手困難で、古本の値段も高騰していたので気になっていた所、やはりオークションで手頃な値段で手に入れる事が出来た一冊。箱本は一応充実した感があったので、多分内容が被るだろうとは思っていたが、案の定そうであった。組み方、折り方で多少のニュアンスの違いは有る物の、布施氏のオーソドックスな箱の数々が載っている本である。
本当なら、この本を最初に手にしたかった物である。百面相という題がついている位なので、基本のユニット箱は網羅している。おりがみランドとかで再版すれば、FUSE BOX本を探すジプシーには有り難い存在に成る気がする。
もし、これを読んでいる人で、FUSE BOXを作りたくて本を探しているのなら、売りに出ている品が有ったら入手しておくと良いでしょう。ただし高い古本はお勧め出来ないので、オークションの出物を探すと良いだろう。
<折れる作品>
「四角箱-本体その1,2」「四角箱-両面風車、二重風車、かさり風車」「六角形のふた-矢車 本体」「七角形のふた、本体」「五角形のふた、本体」「八角箱-小花、双子星、なでしこ、あじさい、みづき、本体」「めいめい皿」

折り紙(文献1) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

↑お勧めDVDレンタルATELIER Silverも使ってます