ATELIER Silver-Hobby

趣味のおりがみの折り作品を発表しつつ本も吟味して、折り紙を楽しむ。
オリガミスト本オープン


URLもhttp://origamist.netになり本オープンを迎えました。アメリカのホイル紙は紙も厚く折りやすく、色も奇麗と三拍子揃っているので是非紹介をしたく今までメンバー一同頑張って来ました。
日本のホイル紙と同等の価格で質はオリガミストの方が高いので良かったらオリガミスト覗いてみて下さい。
アメリカンホイルで作った作品や、それ等の折れる本も紹介しているので、ユニットおりがみが趣味なら情報としても楽しい内容ではないかと、自負してます。

最近は、仕事とこちらのショップで忙しく、このブログの更新も捗らなかった私ATELIER Silverですが、アメリカンホイル作品を含めこちらでも作品の紹介をして行きたい意気込みであります。
折り紙(道具) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
オリガミストサンプル


前の記事でも紹介した、オリガミストでプレゼント用のサンプルを必死で15センチの折り紙を5センチに切り分けました図。出来る限り正確に切らなければと、日頃培った精度の高い細かい仕事っぷりを生かして、トンボを付けて頑張った。まだ少し残っているが残りもさらに頑張るATELIER Silverなのであった。

そんな小さい「マメオリガミ」状のサンプル
サンプルプレゼント御陰様で終了しました。どうも有り難うございました。
必死で切った甲斐が有った物です。手にとてって頂いた方に気に入って頂ける事を願いつつ
感謝でした。
折り紙(道具) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
オリガミストを紹介します


折り紙仲間の、hiroppeさんポワールさん、Studio Mさんと私ATELIER Silverの4人共同で素敵なフォイルペーバーを販売するサイトを準備してました。

12日にショッププレオープンにこぎ着けましたので興味の有る方はアクセスして下さいまし。



販売はこちらからに成ります。10月1日予定の本オープンした暁にはサンプルのプレゼントも予定してます。


ハート乞うご期待!
折り紙(道具) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
交換デジカメ

PANASONIC 「LUMIX DMC-FX1」

家族に、カードの調子のいいSDカード形式のデジカメと交換してもらった。
今まで使っていた方が画素数が高いので、家族は奇麗に撮れるからと交換に応じてくれたのであった。私はブログ用画像が目的なので、300万画素のこの機種でも問題無し、という事でお互いの利益は一致し、契約成立に至ったのである。

これでカードも読み込めるし、ケーブルも有るのでデータの取り込みも可能となりほっと一安心である。
しかもこのデジカメ、手ぶれ補正付きなので、接写とズームを多用するおりがみ作品の撮影にバッチリなのも嬉しい。後は、私の腕次第という所だろう。
本気で、買い換えも視野に入れていたので、この交換で救われた。お財布的にも。
色々調べてみた所、Canon IXY DIGITAL 55 IXYD55 が値段的にも画質的にも良さそうなのであったが今回はこの交換で見送りとした。このデジカメはかなり惹かれたので何時かは手にする日が来るかもしれない。


PANASONIC 「LUMIX DMC-FX1」で新しいレーザープリンタを取ってみる。
格安だったので思わずゲットしてしまったモノクロレーザー。今までのプリンタが壊れていたのでこれからは色々印刷出来るので、創作意欲が湧くと言う物だ。
プリンターの上に乗っている折り紙ユニットは、DAVID MITCHELL:Electra。
折り紙(道具) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
フランスの紙と創った紙

フランスのアルミペーパー
都心の画材屋で見つけた、多分珍しい紙。A4サイズのカラーホイルペーパーである。
色は写真の通り、表は赤、青、緑、ピンク、銀で裏は全て金色に成っている。
日本のホイル折り紙よりかなり厚手で折った感じ、しっとり感がある。
かなり割高だったが珍しいので、仕事明けという財布の紐の弛みも有り買ってみた。
勿体ないので細切れにしてユニット折り紙にする予定である。


創った紙達
今私は塗りまくっている。その成果がこれである。
一応、成功失敗含めて全部(平面な状態のもの)である。
1,ターナーアクリルガッシュ「ゴールドディープ」
2,リキテックスアクリルカラー「シルバー」
3,銀の折り紙に曇りガラススプレーした物
4,金の折り紙に曇りガラススプレーした物
5,シルバーと青を混ぜて作った色。キラキラ感が少なく失敗。
6,ゴールドライトとパールスパークルを混ぜて作った色。一応成功。混色の時はラメ同士でないとキラキラ感が大きく失われる様だ。今後注意したい所である。
7,白とゴールドを混ぜるが、これもキラキラ感が大分失われ、殆どベージュである。
8,白とシルバーを混ぜるが、まるで漆喰の様な風合いに成ってしまった。銀が何処かへ消滅してしまった。これは特にパール系と混ぜないと行けなかったようである。

今後、ユニット折り紙をこれらの紙で折って行く予定。
折り紙(道具) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
折り紙レフ版

凸凹部分は、薗部光伸創作「カラーボックス」のユニットを平坦に組み合わせた物である。
室内撮影の明かり取りの為に、手製のレフ版を作ってみた。
見事に明るい!
webサーフィンで色々更に勉強した所、二面で反射させると良いと有ったので、一枚折りの箱用に用意していた大きい銀の紙を流用して、反射版も作った。更に明るく成った。
このレフ版を使って、撮影した所余り明るく無い夜の室内だというのに、フラッシュも焚かれずしっかり撮れた。流石、光の力である。
100枚のセットを持て余していたが、気に食わなかった銀ギラ感が逆に利用出来たので一石二鳥だ。銀のマットでないペラペラの折り紙はこれで殆どはけた事も嬉しい。それどころがもう一面反射を良くする為にブロックを増やしたい位である。だが、さらに100枚は要らないし・・・。
しかし、たかが趣味の折り紙のデジカメ撮影にこれ程凝ってしまう私はつくづく凝り性だ。
レフ版の残りの一面は、今後出来上がる可能性は大だろう。
折り紙(道具) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
エンボスホイルカラー

珍しい折り紙を発見した。
100円ショップ「キャンドゥ」で見つけた、このエンボスホイルカラーという折り紙である。色は画像の物が入っていて、一パック15枚入り。入っている色はセットに寄って二枚同色が入っている色が違い、マチマチだ。管理人は、またもや4セット入手。もっと買っておいても良かったのだが、何か折ってみてまた考えよう。だが、次回行った時同じ物が有るか定かでないという、不安は有るが。
折り紙(道具) | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
ペーパートリマー

FISKARS Paper Trimmer ゲット!。
hiroppeさんにお勧めして頂いたペーパーカッターを見つけた。
なんとユザワヤで現物が有ったのだ。しかもweb通販では売り切れだった、精度の高い方が有り思い切ってレジに直行。hiroppeさんのペーパートリマーの写真を見るともっと立派な感じの作りなので、ちょっと違うものなのかも知れない。だがいま私が探した範囲で手に入るのは、このタイプしかないのかも知れない。替え刃の問題も有るのでこれで良しである、日本製のこの手の品物より何となくおしゃれな作りだし、気に入った。
元々有るペーパーカッターは溝の部分が死んでいるので、折り紙用には切れ目がギザギザに成ってしまい使用に耐えないので、スッキリ切れるのが嬉しい。
アルミパネルも貼ってあり丈夫な作りである。またミリ単位の表示も付いているので、前の物よりも精度が高い。紙もちゃんと押さえる機能まで付いていて、中々の優れものである。形もスッキリコンパクトで収納もしやすい。

早速色々切って、バラライトの制作に備えたのであった。
折り紙(道具) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
タント紙の折り紙他

仕事明けで早速、折り紙物色に近所のヨーカドーを覗いたところ、兼ねてから探していたタント紙の折り紙を発見!近場の街々の文具点や画材屋や手芸店等では見つける事が出来なかったので、買い占める事に決定した。と、言っても4セット程度ではあるが。

100色で100枚と言うのが微妙だが、まあ色数は多い方が楽しいし、色見本としても有効なので良しとしよう。大きい紙で色を選ぶと、欲しい色が確実にたっぷり手に入るが、自分の好みの色ばかりに偏りがちになるので、こう云うセットは自分では選ばない色が入っているので、折り紙の幅も広がっていい面も有るかも知れない。

帰ってから確かめた所、先日画材屋で試しに数枚手に入れた、タント紙より薄いタイプの物で、折りやすそうである。
試しに、薔薇を折ってみたが、前に折ったときより体力を消耗せずに折れ、折りやすかった。画材屋のタント紙は布施氏の箱に向くかも知れない。厚みが倍位有る様だ。

他に、すがも和紙で入手した色和紙のカットに勤しんだ。紙の大きさがユザワヤで求めた物よりも大きく、画材屋で売っている紙の全紙大とほぼ同じ大きさで、実際切りでが有った。
折り紙(道具) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
すがも和紙

チョット前にwebでサイトを見つけてからずっと気になっていた、おばあちゃんの原宿、巣鴨にあるすがも和紙に行って来た。
hiroppeさんのページで紹介されていたビッグアップルのお洒落紙屋さんとは趣が異なるが、やはり色々な和紙が釣るされていた店内だった。ディスプレイというよりも、場所確保という実質的な目的で吊るされていたのだろう。
店の中は全て和紙!隙間無く和紙!っていう位の種類の多さであった。流石専門店、手芸屋の一角に有る和紙とは全然規模が違い、見でがあった。

そのすがも和紙の折り紙のページで目を付けていた、和紙折り紙(15×15センチ)同色50枚入りセット。(写真右下)これは紙を染めてあるので、むろん裏表同色である。ただし、裏と表では風合いがかなり違う。どちらの風合いもバラにすると優しい感じが出て良いので、私は好きである。
急に雨が降り出したという事で、外にディスプレイしていたそれらは急いで中に入れた為、かなり色々な箱が積み上げられた状態で、全色探しきれなかった気がする。ちょっと残念である。
他柄物も少し。柄物では友禅折り紙セットがとても奇麗であった。やはり風合いが全然違う。でも、これは勿体なくて永久保存版になるかも知れない。

無地の和紙も、しっかりとした厚みの有る良さ気な物が210円。柄物の友禅和紙も410円とお得だ。しかも、種類が大変豊富でどれもこれも欲しくなって仕方なかったが、きりがないので金銀系とストライプと元々決めていたテーマ通りの選択をした。色をぼかして染められている和紙も種類が多く、迷った末選びきれす今回は見送った。
感想-和紙の世界は優美で美しい。

桜ネットで紹介させて頂くとこを快諾して頂いた、巣鴨和紙のご主人に感謝。
折り紙(道具) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

↑お勧めDVDレンタルATELIER Silverも使ってます